人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ウィリエールのカジュアルウェア―買ってみた。

冬の通勤時やら休日やらにササっと羽織れるアウターが欲しいなーと思っていた夏。
暇つぶしにウィリエールのアパレルラインを見ているとちょうど良さそうなものが!!
ウィリエールのカジュアルウェア―買ってみた。_d0396583_13343439.jpg
ウィリエールのカジュアルウェア―買ってみた。_d0396583_13344024.jpg

名前はライトウェイト ウィンド ジャケット シールド。
防風生地、シンプルなデザイン、スリムフィット(ダボついたシルエットデザインは嫌い)とマイルールの「気に入ったポイントが3点以上あれば購入価値あり」を満たしたのでポチってみました。一回も仕入れたことがないのでサイズ感が不明、このご時勢なので納期と価格が判らないリスクはありました。

ドキドキしながら待っていたら思っていた早くて先月に到着、着れる季節になってきたので使ってみました。
サイズ感は特別スリムデザインというわけでもなく個人的にはいたって普通。
(私はノースフェイス・マムート・モンベル・ミレー・モンチュラではLサイズ、アークテリクスだとMサイズ(サイズがちょっと特殊?)を着用しています)

生地は非常に伸縮性があって柔らかい所謂ソフトシェルタイプ。
ウィリエールのカジュアルウェア―買ってみた。_d0396583_15184385.jpg

ゴアテックスのようなザ・ナイロン系ではなくポーラテックのネオシェルやパワーシールドに近いですね(ポーラテックのタグは付属していなかったので使われてはいないはず)
おかげで着心地は凄まじく良く、カサカサと擦れる音(これが意外と気になる)はなくゴアテックスウィンドストッパー素材のアウターと比べると肩から腕が動かしやすい・・・気がします(普段からそこまでは気にして生活していないので)
ただ、全くの予想外だったのが裏地がまさかのフリース!
ウィリエールのカジュアルウェア―買ってみた。_d0396583_14220643.jpg
純粋な防風ジャケットかと思いきや、保温性も兼ね備えたジャケットだったのです。
ウィリエールさんや、嬉しい誤算ですが何処かに記載が欲しかったよ~。


デザインに関してはおおよそトップ画像の通りですが左袖部分にはウィリエールの刺繍、右の肩口にはゴム製のワッペンがあしらわれています。
ウィリエールのカジュアルウェア―買ってみた。_d0396583_15192031.jpg
ウィリエールのカジュアルウェア―買ってみた。_d0396583_15192677.jpg

そしてまたもや意外だったのがまさかのmade in Italy!!
ウィリエールのカジュアルウェア―買ってみた。_d0396583_15220199.jpg

ビックリしましたが、そういえば数年前に購入したウィリエールのスウェットもイタリア製でした。
made in 東南アジアをよく見かけるこの時代にmade in Italyが手元にあるのはちょっと優越感に浸れます。

モノには十分満足でしたが、価格は決してお安いことはなく。
入荷したときの定価で33000円。
まぁトップレベルのアウトドアアパレルブランドと比較すると納得できる価格かな?
私と同じく気になる人はお近くのウィリエール販売店へ~。

〈余談〉
そういえば名前に「ライトウェイト」の言葉が入っているので計測してみました。
因みに手に持ってみると?な印象です。
実測は573g。
ウィリエールのカジュアルウェア―買ってみた。_d0396583_14224602.jpg
比較でファイントラックのウィンドストッパージャケット+ノースフェイスの超薄型フリースも実測してみました。
実測は485g
ウィリエールのカジュアルウェア―買ってみた。_d0396583_14225119.jpg

ですよね~~~~~。





























服部産業株式会社
by hattorisports4 | 2022-10-17 17:00 | 平ぱ~兄さん日記
<< WL285D レディースジャー... WL315 メンズビブショーツ... >>