人気ブログランキング | 話題のタグを見る

<2022年パリ~ルーベでデビューした新型グローブが遂に日本デビュー!③>

<2022年パリ~ルーベでデビューした新型グローブが遂に日本デビュー!③>

引き続きエネルグリップの説明です!

エネルグリップの特徴❷ グリップ力の向上
細かく放射線状にCPC素材を配置した事でグリップ力が向上、少ない力でしっかりとハンドルが握れるので手の体力は温存出来ます。また厚みが増えたわけではないのに振動吸収性も向上したのは驚き!それは”大きなイボイボのCPC素材”と”小さなイボイボのCPC素材”を効果的に配置した結果だと思います。”人差し指”と”親指”の間のCPC素材の配置が前よりも握りこみやすく、路面からの衝撃を緩和しているのがお気に入りです。
(左がエネルグリップ 右が第二世代CPCグローブ)
<2022年パリ~ルーベでデビューした新型グローブが遂に日本デビュー!③>_d0396583_12585481.jpeg




エネルグリップの特徴❸ 広告表示には無いがよりエルゴノミックになった事で全体的なフィット感が向上!
第二世代CPCグローブは少し掌側がだぶついた感がありましたが、エネルグリップは抜群のフィット感です!
<2022年パリ~ルーベでデビューした新型グローブが遂に日本デビュー!③>_d0396583_12590521.jpeg

しかし、これは諸刃の剣でグローブを装着する時にグローブの入り口が狭く手が入れ難いです!
上が第二世代CPCグローブMサイズ、下がエネルグリップMサイズです。上下比べるとだいぶエネルグリップのグローブは手を入れる入り口が小さな感じです。
<2022年パリ~ルーベでデビューした新型グローブが遂に日本デビュー!③>_d0396583_12590042.jpeg
ぴったりフィットのエネルグリップを脱ぐときには少しコツが必要です!指を引っかけるサックがあります。
<2022年パリ~ルーベでデビューした新型グローブが遂に日本デビュー!③>_d0396583_13002116.jpeg
指を突っ込む!
<2022年パリ~ルーベでデビューした新型グローブが遂に日本デビュー!③>_d0396583_13002921.jpeg
指を奥深く迄突っ込んでから引っ張る!
<2022年パリ~ルーベでデビューした新型グローブが遂に日本デビュー!③>_d0396583_13003277.jpeg
私の手のサイズは生命線始まる所から測定した外周(緑色)は19.5㎝で、親指の根元から一番ぷっくりしている所の外周が22.5㎝です!
<2022年パリ~ルーベでデビューした新型グローブが遂に日本デビュー!③>_d0396583_17001330.jpeg
私が購入したグローブはMサイズになります。
<2022年パリ~ルーベでデビューした新型グローブが遂に日本デビュー!③>_d0396583_13002691.jpeg
値段の高いグローブだとは思いますが、ジャージやビブショーツも値段はピンキリの物があると思います!
グローブはサドルと同じく自転車と人間の接点なので、より良い物を使ってみては?
ハンドルバーは細身で握りやすいのが好みの方やバーテープをかなりしっかり強く巻く方や荒れた道を走る方はもちろんですが、今ロードバイクに乗っていて、ポジションは出ているはずなのに距離を乗り込むと掌が痛くなる方、この高機能グローブ:エネルグリップを使ってみては如何でしょうか?
<2022年パリ~ルーベでデビューした新型グローブが遂に日本デビュー!③>_d0396583_18243064.jpg
おしまい!




by hattorisports4 | 2022-11-14 07:00 | プロロゴ
<< 2022年11月の輪活(前編 ... ニバリに会いに行きました① >>